読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HORIHORIの「何とな〜く日記書いてみました」

平凡な人間の平凡な日々の記録。

第2回 2014年11月23日〜12月13日

11月23日。

古い壊れたプリンターをJoshinが無料で引き取ってくれるとのこと。なので、Joshinまでプリンターを運搬した。そこそこ大きくて、そこそこ重たかったので、結構疲れた。

世間一般では、勤労感謝の日であるが、お店では多くの人が働いている。感謝しなければいけないなと思った。

11月24日。

一日中家でのんびり過ごした。疲れからか、がっつり昼寝もしてしまった。

録画していた『リーガル・ハイ スペシャル』を見た。何だか今までと少し違う感じだった。今までのシリーズでは、最後の最後で「実は○○でした〜」とネタばらしがあって結局真実はうやむやになって終わるっていうパターンが多かったけど、今回は違った。これはこれでなかなか良かった。

あとは、CDを聴いたりして過ごした。

ちょっと寂しくはなったが、やりたいことを好きなだけできたので、最終的には充実した休日となったと思う。

11月25日。

久しぶりの雨。靴底がすり減ってツルツルになっていたため、濡れた地面を歩くと滑って何度も転びそうになった。そろそろこの靴も寿命かな。

仕事はいつも通りだった。

帰りにアイスを買い食い。美味しそうだと思い、普段なら選ばないモノを買ってみたけど、正直イマイチだった。やっぱり冒険するもんじゃないなと思った。

11月26日。

仕事は何とか乗り切れた。かなり疲れた。耳栓をして作業しているが、やっぱり周りの話し声が聞こえてしまう。今日は特にひどかった。「あーでもない、こーでもない」って仕事の話が繰り広げられていて、でも、仕事の話だから止めちゃいけないし…。なので、我慢しながら作業をしていた。かなり疲れた。

帰りにアイスを買い食い。昨日のミスチョイスが悔しくてリベンジ。今回は、いつも選んでいる好みのアイスにした。これでやっと満足できた。

11月27日。

午前中半日有給休暇取得日。

めまい外来の定期通院だった。最近は落ち着いていると報告。経過は良好なようだ。一安心。

そのあとは、会社近くのイオンをぶらぶら。喫茶店に入りのんびり。フードコートで昼食。長崎白湯ラーメンにした。チャーシューは柔らかくちょうどいい味付け。ねぎともやしときくらげというシンプルな具材。まろやかな白湯スープ。バランスが非常に良く美味しかった。優しい味だった。

午後からはいつも通り仕事。

なかなか楽しい一日だった。

11月28日。

うちの会社の室長が、もしかしたら12月末で退職するかもしれないとのこと。もし退職となったら寂しくなるなと思った。

仕事はいつも通り問題なく乗り切れた。ただ、単純作業をしている途中に色々考え込んでネガティブになってしまい、メンタル面が落ちかけていた。やっぱり寂しさを感じる。

帰りの電車で好きな音楽を聴くと、少しずつ回復してきた。

粗品引換券が来たため、洋服の青山に寄った。

11月29日。

午後から友人と会う。喫茶店で友人に頼まれていたCDを渡して、色々話した。好きな音楽の話。小中高時代の嫌な思い出の話など。そして最終的に、今が楽しいんだからそれでいいよね、という結論に落ち着いた。そのあとは、淀川の河川敷を2人でぶらぶら歩いた。雨上がりでいい感じのロケーションだったので、iPhoneで写真を数枚撮ってみた。

夕方になったので、解散することになった。

難波タワレコへ行く。いつものお買い物。

買い物の後、別の友人と合流。焼き肉食べ放題の店へ夕食を食べに行った。おいしいお肉をがっつり食べられて大満足だった。食後、大きめの本屋に寄る。欲しい本が買えてよかった。近所の本屋では取り扱っていなかったので…。そのあと、喫茶店に入る。コーヒーおかわり無料が嬉しかった。そこでも色々な話をした。お互いの仕事に関する愚痴、最近起こった出来事の話、健康に気を遣い始めた話、などで盛り上がった。22時ぐらいに喫茶店を出る。コンビニに寄ってから、難波駅で解散。

帰宅途中。電車に乗っていて、降りる駅に止まったのに気づくのが遅れ、ドアの目の前にたどり着いた時点でドアが閉まってしまった。「ああ…次の駅で降りて折り返さなきゃ…」と思いながらふと見てみると、鞄の端っこがドアに挟まっていた。引っ張っても抜けない。電車はそのまま発車。やばい。次の駅でこのドアが開くとは限らない。どうしよう、と思ったが、無事次の駅で降りることができた。

最寄駅に着く。駅前の大きな道路を爆音バイクが通り過ぎる。かなりうるさかった。「ブンブブ、ブンブブ、ブンブンブン」と鳴らしながら走っていた。分かりやすいタイプの暴走野郎だ。未だにこういうのがカッコイイと思っている奴が居るんだね。馬鹿じゃねぇのって思った。

色々あったけど、友人達からエネルギーを分けてもらえた一日だった。これでまたしばらくは頑張れそうだ。

11月30日。

疲れがよっぽど溜まっていたらしい。しっかり7時間ぐらい寝たのだが、さらに昼寝までしてしまった。

夕方、久しぶりにパズル雑誌を開く。しばらく放置していた漢字パズル雑誌。久しぶりにじっくりと取り掛かることができた。色々考えて問題が解けた時の達成感がたまらない。やっぱり楽しいなと思った。また次の週末にでも続きをやろうかな。

この前TVで流れていた結構昔の曲、桑田佳祐Mr.Childrenの『奇跡の地球』が気になって、アルバムか何かに収録されていないかなとググってみたら、桑田さんのソロベストアルバムにのみ収録されているとのこと。タワレコオンラインで難波店の在庫を調べてみたところ、あるみたいなので、取り置きしてもらうことにした。今週末取りに行く。楽しみだ。やっとフルで聴けるぞ。

12月1日。

朝。雨は降っていなかったし、天気予報も雨のち曇りだったので、傘を持たずに家を出た。しかし、会社までの道中で雨がまた降ってきた…。

仕事は、なかなか大変だった。やっぱり、予測できない物事への対応が苦手だな。

12月2日。

急に寒くなった。さらに風も強くて寒さ倍増。

仕事では、予想外のトラブルに対応できず混乱し、しんどくなってしまった。結局午後から半日有給休暇を使って帰ることになった。

帰宅後は、TV見たり、好きな音楽を聴き漁ったりした。

だが、明日からまた普通に仕事に復帰できるかかなり不安になった。引きずらずに乗り切れるか、その不安が残ったまま就寝。

12月3日。

仕事は、何とか乗り切ることができた。安心はしたが、かなり疲れてしまった。

帰りの電車はハズレだった。ブレーキのかけ方がヘタクソだった。何度も急ブレーキ。それに伴い、車内は大きく揺れる。運転手よ、もっと丁寧に運転してくれ。

帰宅後、就職支援員さんと久しぶりに電話でお話ができた。

12月4日。

朝からずっと雨。さらに寒い。ヒートテックと薄手のフリースをシャツの下に着てみたら、かなりいい感じだった。冬はこれで乗り切ろう。

仕事は無事に終わったが、少しケアレスミスが目立った。後で自分でフォローできるタイプのケアレスミスであったが、個人的には自分が許せなかった。

12月5日。

今日は、仕事中に、仕事面とは少し違うタイプの精神的なしんどさで健康相談室へ行った。

引き金は、10分休憩を利用してお手洗いに行ったが、少し長くなってしまい、先輩社員から「休憩時間は10分だから」と注意されてしまったことだった。お手洗いへ行っていたことがちゃんと伝わっていなかったかもしれないが、うまく説明できずに終わってしまったのだ。

それがきっかけで、色々なことがフラッシュバックしてきてしまった。○○会社グループの一員なのだから、一度は行っておきなさいと、ほぼ無理矢理にマラソン大会のボランティアにエントリーさせられたこと。「いずれは先輩として、後輩を引っ張っていかないといけないから、あれもできないこれもできないは通用しないから」と言われたことなど。

全てが自分の中でプレッシャーになっていた。どこまで頑張るのが正解なのかが分からないから、もっと頑張らないとと思ってしまい、自分で自分を追い込み過ぎていた部分もあったかもしれない。

今までずっと我慢し続けて心の中に溜め込んでしまっていたものが、健康相談室のスタッフさんと話しているうちに溢れ出てきてしまった。涙が止まらなかった。

そのスタッフさんと話し終わったら、室長にも健康相談室に来ていただき、経緯を説明した。そして、「ボランティアに関しては、無理して参加する必要は無いよ。私からその旨伝えておくから。あと、参加しなさいと言われた時に、はっきりとYesかNoかを明確に意思表示した方がいいよ。断るなら、うまく断ろうと考えないで、ただNoと言えばいい。それで怒られたり、関係が多少悪くなったとしても、別にいいじゃないか。苦手な人と無理して仕事以外で関わる必要は無いし。そうでしょう。またしんどいことがあったら、私に直接相談するか、社内メールで相談してくるといいよ。」と室長からアドバイスをいただけた。少し楽になった気がした。

健康相談室のスタッフさんからも、「溜め込むとやっぱりしんどいので、定期的に吐き出しに来るといいよ。」と言ってもらえた。

無事仕事に戻れた。ただ、完全に回復したわけではなかったので、いつもの調子とまではいかなかった。

帰宅途中、また精神的に不安定になる。ネガティブループに陥っていた。そんな中、友人から突然メールが来た。少し心が和んだ。

イオンに寄って、買い物をした。レジがかなり混んでいた。たまたま並んだレジがハズレだった。急いでいる素振りを全く見せない。終始マイペース。お待たせしましたの一言も無い。ストレスしか感じなかった。

帰宅すると、以前応募したパズル雑誌の懸賞当選品が届いていた。図書カード1000円分。嬉しかった。

色々あり過ぎて、本当に疲れた一日だった。

12月6日。

起きた直後は、まだ精神的には楽だったが、しばらく経つと、また色々考えてしまい、しんどくなった。

午後から、精神科の定期通院へ。先生から、「できることはできる、できないことはできない。それでいい。」とアドバイスされて、かなり楽になった。少し泣いた。

タワレコでいつものお買い物。

夜、いつも支援してくださっている方経由で、懐かしい方々と電話でお話しすることができた。嬉しかった。

12月7日。

家で一日ゆっくり過ごした。

TV見て、パズル雑誌の問題に取り組んで、CD聴いて…。

それなりに充電できた気がする。

12月8日。

就職支援員さんが会社へ来てくれた。色々とお話ができてよかった。

夕方、ボーナス査定のフィードバック面談があった。評価は前回より下がってしまった。向上心が見られないとのこと。いつも同じレベルのラインを辿っているように見えると言われた。求めているレベルに達していない、このまま向上心が見込めないなら、うちの会社には必要ない、とも言われた。

帰宅してから、かなり落ち込んだ。今までできていると思っていたのは、ただの自己満足だったのだ。激しい自己嫌悪に襲われた。心が折れそうになった。どうしようもなくて、いつも支援してくださっている方に電話した。「会社は揺さぶりをかけているだけで、簡単には辞めさせることができないから、自分から辞めると言ってはいけません」とアドバイスをいただいた。

不安が大きいが、明日からも出勤することに決めた。

12月9日。

不安感がさらに強くなっていた。会社に行くまでで精一杯な状態にまでなっていた。結局、仕事ができる状態ではないため、帰ることになった。

いつも支援してくださっている方と電話したあと、就職支援員さんにも電話した。15時に面談の予約を取ることができた。

15時。就職支援員さんとの面談では、色々なことを話した。会社は自分のことをこう見ている、とか、自分が今まで気付けていなかった反省点、とか。そして、やはり、今辞めるのはもったいないという結論になった。

就職支援員さんのおかげで、自分の中で何が課題なのかがだいぶ見えてきた。明日からまた心機一転頑張ってみようと思えるようになった。

12月10日。

無事出社できた。そして、室長及び先輩方にお詫びの言葉を述べ、反省点についてのお話をした。先輩方からは、多少厳しい意見も出たが、どこがどうして至らなかったかを説明していただけたので、ちゃんと理解することができた。話している中で、双方の見解に相違があったことも分かった。なので、改めて統一したルールを作ることになった。

何とか、無事一日を乗り切ることができた。ホッとした。

12月11日。

仕事面では、新たに目標設定を行った。先輩社員の皆さんにも協力してもらいながら、新目標のラインを決めることができた。今後は、この目標に向かって努力するのみだ。緊張するけれど、頑張らねば。

無事一日を乗り切れたが、体力的にかなり疲れた。

12月12日。

仕事は、何とか乗り切れた。自分の今やっている仕事を区切りのいい所まで進めたら、「他に急いでいる仕事はありますか?」と聞くことを意識し始めたおかげで、新しい仕事を教えてもらえた。

12月13日。

午後から、散髪と期日前投票へ行ってきた。

そのあと、タワレコでいつものお買い物。

夕方、友人と合流。喫茶店でコーヒーを飲みながら、今週あったことを話したりした。あとは、好きな音楽の話とか、色々話した。

夜に、もう一人の友人とも合流。3人でガストで忘年会をした。チーズインハンバーグを初めて食べたが、かなり美味しかった。チーズがたっぷりで、とろけていて、ライスとの相性も良くて、テンションが上がった。

食後は、喫茶店に場所を移して、3人で今年一年を振り返ったりした。

23時頃に解散。

楽しい一日だった。

 

(5535文字)